やる気を育て、伸ばす

誰にでも、伸びるがある。。
塾の仕事は、埋もれた力を見つけて伸ばすこと

一日の生活イメージ

どんな生徒でも伸びる芽を持っています。
それを開花させないのは、実にもったいないことですが
子どもたちは、自分の本当の力に気づいていません。
私たちは、学習指導を通じて

一人ひとりの生徒に、そのことを気づかせたいと思います。

育英アカデミーは三十数年前、福岡市東区千早の古いアパートの一室から

わずか4人の中学3年生でスタートしました
当時私は教師をめざして勉強中の身でしたが、
「落ちこぼれ」が社会問題になる中で、
教え方を工夫すれば、多くの子がもっとできるようになるはず、
指導要領などの規則に縛られずに自由に子供たちを伸ばしたい、
という思いから、自分で塾を始めました。
当初は少人数の授業形式の塾でしたが、
より一人ひとりの実情に合わせてた指導を求めた結果、個別指導へと進化してきました。

とはいっても個別指導塾のシステムは、大学生のアルバイト講師が、

その場だけ1対1や1対2で教える方法。
すぐ休んだり辞めたりするアルバイトでは、指導に一貫性がありません。
そのため育英では基本的にアルバイトを廃止し(一部教職見習いの補助講師がいます)
正社員の教師だけにしました。
また、より効果的な指導が出来るように、教材や勉強法を開発しました。

豊かな時代に育った今の子供達は、自分の壁を越える方法を知りません。
「やれば出来る」という大人は多いのですが、
それを実行させるシステムは、あまり見当たらないのではないでしょうか。

育アカは、勉強が面白くなる塾ですが、

それは、冗談を言ったり、遊ばせたりするからではありません。
がんばることで自分の向上が確信できるシステムだからです。


本気で志望校合格をめざす人、
絶対成績を上げたい人、
なんとなくやる気がおきない人。
あなたが伸びる方法が必ずあります。
育アカの教師たちは、全力であなたを応援します。
ぜひ教室までおこし下さい。


公益社団法人全国学習塾協会九州沖縄支部副支部長
熊本県済々黌高校、福岡教育大卒。
特技/野外活動(ボランティア団体元指導者)
趣味/読書・音楽鑑賞・映画etc. 
家族/妻(当塾教室長)、息子(某医科大卒業後、某大学病院勤務医、塾の講師は卒業)、
みータン(猫。毎日昼寝中、もう16歳、後期高齢者) 


塾長ブログちょっと聞いた話など