本年度福岡県高校入試の平均点が判明

今年3月の入試の正解率が発表されました。

 

 

 

全体の平均点は、昨年より約3点下がって、
161.3点。
試験日に報じられた県教委の予想が平均点165点、
大手塾の予想が157点で、いずれも4点以内の誤差で、
私の勘の155点前後よりは、確度は高かったようです。

しかし
記述式の問題の採点で
偏差値67の高校と45の高校で、
本当に同じ基準での採点が出来ているのでしょうか。

私は違う採点基準になっていると思いますね。

平成20年度からの平均点をグラフ化すると、

 

 

 

 

 

 

 

「ゆとり教育」見直し政策以降、
どんどん難しくなってきていることが、お判りでしょう。
27年の反動は、数学と理科で基本問題が増えたことが主な原因です。
それ以降、じわじわと下がっています。

さて、今年の難化の特徴は、一番が国語でした。
それは、次回に。

参照 本年度版「合格をめざして」(塾生限定)から

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です