東大は英語の民間試験使わないって

東大は英語の民間試験使わないって
ウェイト弱まる英語の民間試験

大学入試で、これまで実施されてきたセンター試験を廃止して、
新しい制度
になるという動き、
高校入試や小中学校の授業にも大きく影響する問題です
から、
実際のところ、どうなるのか、いろいろ案じてきましたが、
少し見え
てきました。

順を追ってこの間の動きを並べると、
①文科省が英語は民間試験を使う意向を表明。
→いつどこで決まったの反発の声

ここから大学側の反応
②国立大学協会が、配点の割合を1割弱にすると発表
現在の200点満点の例でいえば、20点を民間試験の配点にし、
合計220満点とするとか。

さらに、
③東大が英語の民間試験は使わないと表明

去年塾の日シンポジウムの記念講演をお願いした、
東大医学部の宮園教授は、気さくな方で
打ち合わせのときに、
こちらの要望をほとんど全部受け入れてくれましたが、
入試改革の内容は、まだお話しできませんと話されていました。

いろいろ差支えがあるのだろうとは思いましたが、
こういうこともあったかと、今、合点がいきました。

仮に民間試験が英検だったとして、
費用を計算してみますと、
準2級5,200円
2級5,800円
準1級6,900円
1級8,400円
合計26,300円かかります。

他にそれぞれの対策教材費が必要ですよね。
一番簡便な旺文社の対策問題集CD付を
揃えたとして全部で6,750円

全級を一発合格しても、必要経費が最低33,050円
(交通費ふくまず)

不合格になったら1点を競う入学試験で20点は大きいので、
もう一度受けて合格しようと思うでしょうね。
結局、5万ぐらい必要でしょう。

これでは、万人に開かれた門であるべき
国公立大学の入試として適切とは言えないと思いますね。

さらに問題なのは、
他の教科の勉強もしないといけません。
それだけ英検対策に時間をかけられないでしょうに。

だから、小中学校のうちに、
きちんと基礎学力をつけておくべきなのです。

こちらもよろしく
意味が分かれば、入試問題も面白い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です