シンプルだけど難しい

授業ではわかったつもりだったけど、
試験では出来なかった。
こんな経験、だれでもありますよね。

自分で解けるようになってはじめて
「実力」がついたといえるのですが、
集団塾でも個別指導でも、
教え っぱなしの状態になっていることは少なくないのですね。

塾に行ってるのに成績が上がらないということの原因の一つは、
お子さんが 自分の力で練習る時間が少ないからだと思います。

力をつけるためには、子どもの今の実力に見合ったレベルの問題で
たくさん 練習させることが必要です。
ところが問題を解いていると、生徒は「あれっ」と障害 にぶつかり手が止まります。
家で勉強が進まないのは、そこで止まってしまうからです。

そんな時は、問題の読み違いや、途中の計算の 間違いなど、
ポイントなる点を指摘してあげれば、
生徒は自分の力で解答 まで行きつくことが出来ます。

このとき感じる達成感が、それからの勉強へ の意欲につながっていきますので、
とても大事なのです。
すぐ答えを教えて しまったら力にはなりませんが、
そんな指導が多くの個別指導塾では行われ ています。

育アカの教室を見学していただければ、
生徒たちが黙々と問題に取り組んでいる姿 を目撃されることでしょう。
ときおり手を上げ、壁にぶつかったところを教師に質問し ています。

自分で解けるようになるから勉強が続く。
続くから成績が上がる 。
といったいう好循環をつくっていくことが私たちの仕事だと考えています。

伸ばすというのは、実はとてもシンプルなことです。
子ども自身が、「やれる!」と思う状況をつくることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です