東大入試をあきらめた人工知能

塾通信10月号より

東大入試を突破することを目標に、
2011年から国立情報学研究所が開発を進めてきた人工知能「東ロボくん」を知っていますか。
センター試験模試の5教科で総合偏差値57.1(中学生の偏差値に換算すれば、64~68)と
なかなかの成績を出しましたが、このままでは東大受験突破は無理と判断、
プロジェクトは一旦凍結されました。
断念の原因は、文章読解力だといわれています。

一年前の記事ですが、インタ―ネットに「東ロボくん」が偏差値57で東大受験を諦めた理由
(「東ロボくん」 で検索 ダイヤモンドオンライン http://diamond.jp/articles/-/142479)
に紹介されています。それによりますと、
計算処理能力は人間をはるかに上回るAIの弱点は次のような点です。

苦手なものは、ストーリー性があったり、
因果関係のある複数の文を読んで文脈を理解したうえで、解答する問題だ。

 実際の問題文ではないが、
「A.彼は報告書をまた出し忘れた」
「B.おまけに会議に遅刻した」という文章のあとに、
続く文として以下3つの選択肢があるとしよう。

(1)私は寝坊した。
(2)会議には報告書が必要だ。
(3)彼は社会人として自覚がない。

東ロボくんは、A、Bと同じ単語が入っている(2)や、
遅刻という単語と同じ文章に入っている確率が高い「寝坊」が含まれる(1)を選んでしまう。

文脈を理解できず、自分のデータにある単語の組み合わせの頻度から推定して答えてしまうためだ。

また、こんな面白い間違いも指摘されています。

中国三国時代の問題。東ロボくんが学習した用語集には
「魏(ぎ)王、曹操(そうそう)の子・曹丕(そうひ)」という記述があった。
 しかし、「魏の初代皇帝となった曹丕の父は誰か」
と問われると、東ロボくんは親子関係を理解しているわけではないので、
データベースとしては情報を持っているのに、正答できなかったのだ。

このプロジェクトのリーダー新井教授は、約5年間にわたる「東ロボくん」プロジェクトを経て、
「読解力のないAIが人間の知能を凌駕することはない」と結論づけていますが、
だからと言って安心することはできません。
それでも福高に合格できる実力はありそうですから。

新井教授は、「東ロボくんの開発を進める一方で、
中高生の文章の読解力がAIよりも劣っているという研究結果も出ており、
意味の読解は人間が圧倒的に優位などとあぐらをかいていられない。」
とも指摘しています。

学力軽視の風潮が進み、今まで以上に人間の国語力が弱まり、
AI以下の読解力しかなくなったとしたら、
計算力や記憶力では人間よりはるかにまさるAIが人間を支配してしまうかも知れません。
「意味の理解」の重要さを教えてくれる話題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です