私立中学合同入試説明会

                                          

昨日は、福岡市周辺の私立中学全14校が
一堂に会する合同入試説明会。

このイベントも、早いものでもう22に回目を迎えます。
発足当初より、福岡市にある協会所属の塾が協力して支援してきました。
なぜか私が実行委員長を仰せつかっています。

朝から雨で、出足が心配でしたが、
全体説明の会場は満席となり、

学校ごとの個別説明ブースも、
順番待ちになるなど例年以上の盛会でした。

各校長先生の説明で共通していたのは、
ゆはり高大接続改革と言われる、大学入試の変容です。

現6年生が大学入試を迎えるとき、現役で受験するときは、
現指導要領の入試ですが、浪人してしまうと
翌年からは新しい指導要領による入試となり、
相当不利になりそうです。

その際ポイントとなる英語の4技能試験へ対応は、
一朝一夕には対応できませんので、
各学校とも、ありとあらゆる技法を用いて
中学1年から指導していく体制が出来ています。

これに比べると、中3の中体連まで、部活に明け暮れる
公立中学校の生徒たちはどうなるのでしょうか。
これから大きな格差が出てくるのではないかと気かがりになりました。

塾としては、小中学校の頃から、
最終的な大学入試をにらんだ指導を考えておく必要があります。
とは言っても、戦略的には難しいことではありません。
先走って、あれこれやることよりも、
最終的な大学教育、入試が要求する基礎学力とは何かを
正確につかめればよいのですから。

説明会では、堅い話ばかりでなく、
現役の中学生による、英語の模擬授業や
コーラスのパフォーマンスなど、学校ごとに趣向を凝らした企画で
こちらも充分楽しめました。

私学の先生方、生徒さん、会場スタッフとして協力していただいた各塾の先生方、
大変お疲れ様でした。
ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です