期末試験勉強会

土曜日は、期末対策勉強会でした。
生徒達は、ようやく試験モードですが、
この日も午前・午後とも部活、翌日の日曜は試合と言う生徒もいました。

中学校の場合、最低試験前1週間は部活停止にして
勉強に専念させるべきだと、我々は思うのですが、、、。

部活偏重傾向と同時に学校教育の「液状化」が進行中。

2年の学年末に、授業が進まなかったので、
「天気」の分野は、テスト範囲にならなかったので、
今度の試験で出題されると思いきや、
4月に先生が変わったからという、意味のわからん理由で、
今回の範囲は「運動とエネルギー」だけ。

これに対して生徒たちも負けていません。
「10秒で100m進むと、速さはkm/時か」
がわからんと言います。

で、

手を、トントントンと叩いて、
「この1回を1秒として、何回たたいたら1時間になる?」
と聞くと、
「100回」

「・・・」

これが、本当にできない生徒だったら、
こちらも驚きはしません。
定期試験では、350点前後の生徒です。

こんな子を、430点前後必要な香住や新宮に通そうと思ってますから、
ありとあらゆる手を考える必要があります。

ところで、
多くの生徒たちが、こんな基本的な学力が備わっていないのですが、
これは子供たちに責任があるのではありません。

小学校からの教育が、

深く考えさせることも、繰り返し練習させることも出来てない
ということの結果です。

今後、浅薄な「英語教育」が本格化すれば、
この傾向は、ますます強まっていくでしょう。

ですから、我々は改めて勉強の方法を教えて行く必要があると思ってます。

いよいよ、今週は期末試験へ臨戦態勢。
連日対策勉強をやります。

22日が試験の学校の生徒たちは、
次の土曜日に勉強会をやります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です