本年度福岡県高校入試の平均点が判明

今年3月の入試の正解率が発表されました。

 

 

 

全体の平均点は、昨年より約3点下がって、
161.3点。
試験日に報じられた県教委の予想が平均点165点、
大手塾の予想が157点で、いずれも4点以内の誤差で、
私の勘の155点前後よりは、確度は高かったようです。

しかし
記述式の問題の採点で
偏差値67の高校と45の高校で、
本当に同じ基準での採点が出来ているのでしょうか。

私は違う採点基準になっていると思いますね。

平成20年度からの平均点をグラフ化すると、

 

 

 

 

 

 

 

「ゆとり教育」見直し政策以降、
どんどん難しくなってきていることが、お判りでしょう。
27年の反動は、数学と理科で基本問題が増えたことが主な原因です。
それ以降、じわじわと下がっています。

さて、今年の難化の特徴は、一番が国語でした。
それは、次回に。

参照 本年度版「合格をめざして」(塾生限定)から

 

英語が厳しくなる

これから英語教育が、とんでないことになります。

現中学生は別として、
これをよまれているあなたは、
英語の勉強はラクにやれてましたか。
と言いますのは、こんなことです。

「ゆとり教育」以前、文部省が指導要領で、
中学生たちに示した単語の数は、610語でした。

それが1990年代のゆとり全盛期には490語になり、
その数年後に507語になりました。

それでも、多くの人が英語には苦労したのではないでしょうか。

現在は、どうなっているかと言いますと、
なんと1200語なんですね。

今の中学生たち、ちょっと、かわいそうだと思いませんか。

ところが、ギッチョン
2020年度からの次期指導要領では、
もっとすごいんですね。

小学校5,6年で、600~700語、
さらに中学校で、プラス1600~1800
中学卒業までに、2200~2500語マスターさせる、
というんです。

とても正気の沙汰とは思えません。
ホントに生徒たちを指導したことあるんでしょうか。

現在、3000語程度知っていれば、
医学部を除くたいていの国立大学なら勝負できるといいます。

これからの子どもたちは、
どうなるんでしょうかね。

ともかく、しっかりサポートする必要があると思っています。

台風一過

昨日は、台風の影響を考えて休校にしました。

定期保護者面談に入っていますが、
せっかく時間設定していただいた保護者の皆様には
やむを得ず、日延べをお願いしました。

職員たちとは、台風接近の4時半まで
夏の準備すしました。

概ね、大したことはなかったですが、
夕方から夜は、それなりの風が吹いていましたね。
この間、台風休校は、空振りが多かったのですが、
今回は、正解でした。

さて、
問題練習を指示すると、すぐやり始める子と
グズグズして、なかなか手が動かない子がいます。
さすがに、拒否する者はいませんが、、、。

そんな時にいう言葉、

「はい」という素直な心が
君をどこまでも伸ばします。

「やりたくない」という怠け心で、
君の可能性は縮まります。

どちらを選ぶかは、
きみが決めなさい。